忍者ブログ
  • 2017.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/06/26 12:36 】 |
大学の学長だろうが関係無し3

http://blogs.yahoo.co.jp/kendaigakucho/20527638.html

しかし「原子力の平和利用」といえばIAEAをはじめ間違いなく「原子炉とそこで製造されるプルトニウム、あるいはウラン濃縮技術に関係する話」であって、つまるところ「核=原子爆弾または重水素熱核融合爆弾(水爆)」にかかる技術の話です

軽水炉で核兵器に使えるプルトニウムを作るには濃縮工場が必要だし、ウラン濃縮って言っても核兵器用はウラン235の濃縮率が90%以上、原子炉用は3~5%で次元が違う。これだけ濃縮度が違うと設備も大きく異なることくらい、工学やってればすぐ想像できるはずのことで、なんで北朝鮮に軽水炉を作ろうだなんて話があるのか理解してない。

核拡散防止について不勉強過ぎる。

http://blogs.yahoo.co.jp/kendaigakucho/20476227.html

どうも経済産業省が原発再開に向けて国費を使い、例によって「やらせ儀式」を開催し、それを地元ケーブルテレビとインターネットのストリーミングで放送させたということらしいのですが、九州電力だけでなく経産省にも大いに問題があると言わなくてはなりません。たった今、福島では多数の人々が原発事故のために苦しめられていて、それが何の解決策も見いだせないでいるこの渦中において、このような画策をするとは鉄面皮にも程があります。福島の事態を解決するのが経産大臣と経産省のなすべき第一等の仕事であったはずです。

軽率の一言に尽きる。第三者委員会の調査が出る前に断罪とは。結局のところ、

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:mNyKpEvFOJoJ:www.nikkei.com/news/headline/article/g%3D96958A9C93819891E1E2E2E3858DE1E2E2EBE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2+%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E9%9B%BB%E5%8A%9B+%E4%BD%90%E8%B3%80%E7%9C%8C%E7%9F%A5%E4%BA%8B&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&lr=lang_ja


九州電力の「やらせメール」問題を調べている第三者委員会(委員長・郷原信郎弁護士)は30日、最終報告書をまとめ九電に提出した。玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)へのプルサーマル導入を巡る2005年12月の同県主催の説明会で動員や「仕込み質問」などが行われたと指摘。記者会見した郷原委員長は、これらの行為がやらせメール問題の「原型」になったとの認識を示した。

 

 報告書は、プルサーマル説明会での九電による仕込み質問などが「古川康・佐賀県知事の意向に沿うものとの認識がなければ行われなかった」とも説明。九電は仕込み質問などを事前に県側に報告していたとし、古川知事が認識していた可能性も指摘した。

 

ということで佐賀県知事の意向だったことが確定。そしてひとを断罪しておいて訂正が無い。モラルが無いねこのおじいちゃん

PR
【2011/11/01 15:31 】 | 新幹線のアンチは考えが足りない | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<大学の学長だろうが関係無し4 | ホーム | 大学の学長だろうが関係無し2>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>